1. TOP
  2. 交通
  3. 続×28「東埼玉道路」越谷レイクタウン〜春日部市区間完成への道:5番目の橋の橋台が完成〜中川左岸では芝生が麗しい遊歩道出現の兆し

続×28「東埼玉道路」越谷レイクタウン〜春日部市区間完成への道:5番目の橋の橋台が完成〜中川左岸では芝生が麗しい遊歩道出現の兆し

「越谷レイクタウン」を貫く「春日部への道」こと「東埼玉道路」の工事の進捗をお伝えする本シリーズ。

2022年後半に始まった「中川」に架かる「東埼玉道路」第5の橋の工事は、あっという間にその橋台が完成して、モノリスのような姿を誇示しております。

そして、その対岸ではなんと、芝生に養生された麗しの遊歩道(土手道)の工事も進行です!!

「松伏町大川戸」の「中川」に架かる「東埼玉道路」5番目の橋の橋台は超速で完成

いかがでしょうかこのコンクリート感満載の姿!! 建設マニア心をくすぐるに違いない無骨な橋台の姿です。

この場所は「埼玉県松伏町大川戸」。全線で工事中の「東埼玉道路」が「中川」を越える5番目の橋の建設風景です。

昨年2022年の11月に工事が開始されてから半年あまりで、ほぼ完成に漕ぎ着ける異例のハイスピード!!

続×25・「東埼玉道路」越谷レイクタウン〜春日部市区間完成への道:5番目の橋の下部工事は早くも橋台の姿が現れる

ブログ主が思うに、この場所は「東埼玉道路」の工事箇所の中でも、ほとんど注目されないであろうマイナーなポイント。にもかかわらず、蛇行する「中川」が折れ曲がる箇所に架かるというテクニカルな工事なんです。

橋台の裏手となる「中川」の堤防の河川敷でも護岸工事が始まっています。

①「大相模調節池 南池」(越谷市レイクタウン「レイクタウン橋」
②「元荒川」(越谷市大成町「大成橋」
③「新方川」(越谷市増森「新ましもり橋」
④「大落古利根川」(越谷市増森〜松伏町下赤岩)下部工事中
⑤「中川」(松伏町大川戸)←本記事はこれ
⑥「中川」(春日部市赤崎〜赤沼
出典:国土交通省関東地方整備局北首都国道事務所ホームページ

「中川」左岸では芝生で養生された麗しの遊歩道が出現

さらに注目すべきは、橋台の対岸となる「中川」左岸に建設中の遊歩道(土手道)の姿です。

一見、普通の土手道に見えるのですが…

よくよく見ると、その法面(のりめん:斜面のこと)は綺麗に芝生で養生されているじゃあありませんか!!

様々な土手道をウォッチして参りましたが、建設当初から芝生が施されているのは初めて見ました!!!

ちょっと目を離した隙に「新方川」右岸に孤高の土手道が整備されていた件

実は「東埼玉道路」予定地の周辺には、川沿いの土手道が数多く存在するのですが、そのメンテナンス性からか「芝生」を施したものは、なかなかありません。
あえてこの場所にこのチョイスをした担当者の英断に拍手!!

これは、隠れたウォーキングスポットとなること請け合いですね。天気の良い日のそぞろ歩きなどには最高ですよコレは。

基礎知識「東埼玉道路」とはなんぞや

東埼玉道路(ひがしさいたまどうろ)は、埼玉県南東部地域で供用・建設中の路線である。東北自動車道・常磐自動車道の補完を目的として建設され、全区間が国道4号のバイパス道路に指定されており、現在、一部区間の一般部(5.7キロメートル〈km〉)が供用されている。本道路のメインとなるのは未着手の自動車専用部(4車線)である。
埼玉県八潮市の東京外環自動車道八潮ジャンクション(仮称)から、埼玉県春日部市で国道4号および国道16号に接続する庄和インターチェンジ(仮称)に至る延長17.6 kmの地域高規格道路であり、1994年12月16日に計画路線に指定された。

by ウィキペディア大先生

 

出典:国土交通省関東地方整備局北首都国道事務所ホームページ

引き続きウォッチして参ります。

(次のページ:バックナンバー「東埼玉道路」越谷レイクタウン〜春日部市区間完成への道



翻訳 | Translate »