【大相模調節池の水位】 11/01 03:50現在 1.49m(これまでの最高水位4.27m)

  1. TOP
  2. 10周年記念行事
  3. 「越谷レイクタウンまちびらき10周年記念事業フィナーレ」 〜 越谷レイクタウンの歌「誓いのレイク10」を初公開

「越谷レイクタウンまちびらき10周年記念事業フィナーレ」 〜 越谷レイクタウンの歌「誓いのレイク10」を初公開

開催まであと1ヶ月に近づいてきた「越谷レイクタウンまちびらき10周年記念事業フィナーレ」。メンバー一同、そわそわしながらも頑張って準備を進めているところです。

前回の記事では「明正小学校」と「大相模小学校」の親父たちが手を組んで結成された「レイク10BAND」についてご紹介しました。


本記事では、フィナーレにて初公開される「越谷レイクタウンの歌」=「誓いのレイク10」をご紹介します。

なぜ今「越谷レイクタウン」の歌なのか?

12月23日の記事『「越谷レイクタウンまちびらき10周年記念事業フィナーレ」2019年2月17日(日)に開催 〜 チラシがほぼ完成しました〜コンセプトのご紹介』でもお伝えした通り、このフィナーレのコンセプトは『安全・安心なまちづくりへ「絆」を深め進化させよう』です。

「越谷レイクタウンまちびらき10周年記念事業フィナーレ」2019年2月17日(日)に開催 〜 チラシがほぼ完成しました〜コンセプトのご紹介

しかしいくら言葉でコンセプトを語ったところで、「絆」というものは自動的に生まれるものではありませんね。様々なプロフィールを持つ人々が、何かしらの同じ目的に向かって取り組むことで「絆」は生まれるものでしょう。

「絆」は一朝一夕にはならないものですが、音楽の不思議な力を借りて「絆」を作り出そうとする心に火を灯すことはできます。

「越谷レイクタウンまちびらき10周年記念事業」が幕を閉じた後も、まちづくりへの思いを住民の皆様に口ずさんでもらえるように、頭の片隅でメロディーがリフレインするような、素敵な「越谷レイクタウンの歌」は作れないだろうか?

そんな「レイク10」のワガママな要求に応えてくれたのが、おなじみのご当地アーティスト「タンク☆ポップ」のお二人なんです。

※ちなみに「タンク☆ポップ」をご存知ないという方は下の記事をご覧ください。

越谷ご当地アーティスト「タンク☆ポップ」越谷レイクタウン10周年記念行事に登場



翻訳 | Translate »