【大相模調節池の水位】 09/24 00:50現在 1.40m(これまでの最高水位4.27m)

  1. TOP
  2. 工事
  3. New吉川橋から続く道の東の果て「アクアパーク」の隣に新しい橋の橋台ができていた〜そしてその橋の東側「県道越谷吉川線」の延伸工事の進捗はいかに

New吉川橋から続く道の東の果て「アクアパーク」の隣に新しい橋の橋台ができていた〜そしてその橋の東側「県道越谷吉川線」の延伸工事の進捗はいかに

「越谷市」と「吉川市」を結ぶ「県道越谷吉川線」の東端は現在、バスケとスケボーができるイケてる調整池「アクアパーク」の隣、「大場川」の手前で工事が続けられています。

そこに橋がかかることについては以前から記事にしておりましたが、久々に訪れたその場所には頑丈そうな1対の橋台と、そこからさらに東へ伸びる県道の予定地が広がっておりました。

この橋は「越谷レイクタウン」<–>「吉川橋」<–>「千葉方面」をスムーズに繋ぐための重要なブリッジ

2020年6月の記事2019年1月の記事でお伝えしたように、この橋は地味ながら重要な役割を背負っているんです。

現在建設中の「三郷流山橋(仮称)」が出来上がると、千葉方面からの新しい車の流れができます。

本来ならば、これまた計画中の「都市軸道路」がそれを受け入れるわけですが、もし「三郷流山橋(仮称)」の供用の方が先になった場合「江戸川」右岸沿の一般道に流れるわけです。

「埼玉県」と「千葉県」を結ぶ「三郷流山橋(仮称)」の橋台・橋脚ができて来たぞ!!

「三郷流山橋(仮称)」を渡った千葉県民が「イオンタウン」を目指す場合には、建設中の本橋を越えて「吉川橋」に至るのが、最もスマートな方法と言えます。

本当に川幅が狭い「大場川」なんですが、こんなにもごっつい橋台を設える理由もうなずけますね。

(次のページ:この橋の東側に伸びる「県道越谷吉川線」の進捗


翻訳 | Translate »