【大相模調節池の水位】 03/23 11:50現在 1.36m(これまでの最高水位4.27m)

  1. TOP
  2. 交通
  3. 2021年3月1日の「増林地区」丁目別人口 —>2ヶ月連続13地区トップの65人増

2021年3月1日の「増林地区」丁目別人口 —>2ヶ月連続13地区トップの65人増

※画像はもちろん「増している林」のイメージです。念のため。

「増林地区」2021年3月1日現在の人口

越谷市の人口の9.7%が住う「増林地区」2021年3月1日現在の人口と前月対比

月イチでお伝えする「増林地区」の人口動態ウォッチ。

© OpenStreetMap contributors

←画像出典:越谷市ホームページ

「増林地区」といえば「越谷アルファーズ」のホームである「総合体育館」や、おなじみの「リユース」「越ヶ谷警察署」、能楽堂がある「花田苑」とか「越ヶ谷市立病院」「越谷市斎場」といった、私たちの生活に不可欠な施設が集積されているエリアです。

近い将来には「東埼玉道路」が延伸して「道の駅」もできる計画の当地区。

さて今月の「増林地区」の動きはどんな感じだったでしょうかね。

※( )内は2021年2月1日からの増減

 丁目 世帯数
中島1丁目68(0)82(-1)85(0)167(-1)
中島2丁目83(0)98(0)98(1)196(1)
中島3丁目24(0)29(0)27(0)56(0)
増林1丁目30(0)32(0)33(0)65(0)
増林2丁目112(0)124(1)136(0)260(1)
増林3丁目57(0)74(0)75(0)149(0)
増森1丁目79(2)33(1)63(1)96(2)
増森2丁目71(0)90(0)86(0)176(0)
大字中島37(0)40(0)44(0)84(0)
大字増林871(1)897(1)980(-3)1877(-2)
大字増森大字増森544(7)657(4)620(2)1277(6)
大字花田279(-2)246(-2)265(0)511(-2)
東越谷1丁目1172(5)1188(5)1160(2)2348(7)
東越谷10丁目788(6)980(5)1026(4)2006(9)
東越谷2丁目1140(9)1180(5)1071(1)2251(6)
東越谷3丁目619(-1)685(1)700(-2)1385(-1)
東越谷4丁目634(-4)663(-2)673(-2)1336(-4)
東越谷5丁目594(-4)620(-3)598(0)1218(-3)
東越谷6丁目878(5)1067(1)1048(2)2115(3)
東越谷7丁目869(-1)1054(2)1092(1)2146(3)
東越谷8丁目835(4)1102(11)1102(4)2204(15)
東越谷9丁目610(2)780(-1)797(5)1577(4)
花田1丁目791(8)861(4)895(5)1756(9)
花田2丁目529(0)686(-1)654(0)1340(-1)
花田3丁目555(2)722(0)740(1)1462(1)
花田4丁目815(1)1049(-4)1027(-3)2076(-7)
花田5丁目842(3)929(7)956(6)1885(13)
花田6丁目296(-1)364(-1)362(-1)726(-2)
花田7丁目341(3)422(5)368(3)790(8)
合計 14563(45) 16754(38) 16781(27) 33535(65)

2021年3月1日現在の「増林地区」の人口は33535人で、13地区の5位です。

2021年3月1日の越谷市地区別人口順位 

※()内は先月からの増減
1位 大袋 51375(41)
2位 蒲生 43687(1)
3位 桜井 37991(-73)
4位 大相模 36038(13)
5位 増林 33535(65)
6位 出羽 31608(9)
7位 南越谷 27465(-72)
8位 大沢 21939(-6)
9位 越ヶ谷 16382(-15)
10位 新方 14414(-18)
11位 荻島 11971(9)
12位 川柳 10214(11)
13位 北越谷 8717(18)

越谷市の人口が345,336人ですから、実に総人口の9.7%がこのエリアに集結しているんですね。

 越谷市全体の人口 令和3年3月1日現在(対前月比) 
総人口 345,336人 -17人
171,572人 -7人
173,764人 -10人
世帯数 158,158世帯 +136世帯

「増林地区」の2021年3月までの12カ月の人口推移

「増林地区」は前月はプラス30人、当月はプラス65人と人口を増やしましたが、これはいずれも越谷市13地区でトップの伸び幅です。

丁字別では、ずば抜けて伸びたエリアは無いのですが、減少した丁字は少なく、そのいずれも小幅な減少に止まっています。

2020年の6月から続く人口減少傾向に終止符を打って、きっちりとそれ以前の水準に戻すあたりが、抜群の安定感を示す「増林地区」の面目躍如ですね。

引き続きウォッチします。

(次のページ:バックナンバー・参考資料



翻訳 | Translate »