【大相模調節池の水位】 10/25 02:50現在 1.47m(これまでの最高水位4.27m)

  1. TOP
  2. アパート・マンション
  3. 続続続続続・「最後のフロンティア」の現在と越谷レイクタウン最後の大型マンション予定地の様子〜「越谷レイクタウンのウィンザー城」のディティールも見えてきた〜「草加柿木フーズサイト」は道路掘り返し中

続続続続続・「最後のフロンティア」の現在と越谷レイクタウン最後の大型マンション予定地の様子〜「越谷レイクタウンのウィンザー城」のディティールも見えてきた〜「草加柿木フーズサイト」は道路掘り返し中

「越谷レイクタウン」の南、草加市との境に接する場所「レイクタウン7丁目」に建設中の「ウィンザー城」こと、低層マンション「ガーデンハウス越谷レイクタウン」。

ブログ主も初めて目の当たりにする「背が高くない」マンションの建設の一部始終に興味津々で記事を重ねております。

2019年12月初旬現在、部分的に足場も外され、エクステリアのディティールが確認出来るところまで来ました。

化粧気のない無垢の躯体は、今のところ学校の様な佇まい

建物の高さが抑えられているおかげで、空がずいぶんと大きく見えますね。同時に陰影の面積も少なくて、あたかも学校の校舎の様な佇まいです。

まあ、コンクリート無垢の状態ですから「お化粧」前のスッピン状態と言えるでしょう。

良く見ると5棟のうち、一番南と北の棟は3階建て、あとは4階建と、高さが多少異なっているようです。

続続続続・「最後のフロンティア」の現在と越谷レイクタウン最後の大型マンション予定地の様子〜低層マンションはまるでイングランドの古城のように

上の1枚は現地東側の道路。一番奥と2番目の建物の間がエントランスになるようです。

ここに植栽が加わり、ふさわしい色彩の壁面が与えられたときに、下のパースの外観へと変わっていく様もいとおかし、といったところです。

予定建築物概要
地名・地番:越谷市レイクタウン七丁目24番1
開発面積(敷地):24,672.48m2
建築面積:10,700.81m2
建築物の高さ:11.99m
建築物の階数及び棟数:地上4階 1棟5棟(338戸)
構造:鉄筋コンクリート造
着工予定年月日:平成31年1月8日
竣工予定:2020年7月中旬
そしてこの「ウィンザー城」とまるでセットのように開発が進んでいるのが、草加市側の「産業団地」=「草加柿木フーズサイト」ですが、そちらでは少し変わった動きが…

(次のページ:「草加柿木フーズサイト」造成地の西端あたりでは道路と思しき部分を掘り返している



翻訳 | Translate »