【大相模調節池の水位】 10/30 09:50現在 1.40m(これまでの最高水位4.27m)

  1. TOP
  2. 倉庫
  3. 続×7・越谷レイクタウンのすぐ南側の草加柿木産業団地は「草加柿木フーズサイト」〜 めっちゃ深い調整池の底に何かの構造体出現

続×7・越谷レイクタウンのすぐ南側の草加柿木産業団地は「草加柿木フーズサイト」〜 めっちゃ深い調整池の底に何かの構造体出現

「越谷レイクタウン」の南、草加市は柿木町に建設予定の「産業団地」こと「草加柿木フーズサイト」。

2020年1月30日の記事では東エリア、すなわち「東埼玉道路(国道4号)」の東側の更に北東の角に、めっちゃ深い調整池が掘られている件、並びに「チューチュートレイン」のような謎の建設機械が出現したことをお伝えしました。

それから3ヶ月弱、めっちゃ深い調節池の底に何やら不思議な構造体が出現しております。

めっちゃ深い調節池の底には鉄筋を「コ」の字に曲げた謎の構造体が無数に出現

ちなみに「構造体」と言ってもプログラミングにおけるデータ型の一種のことではありません。英語で「structure」構造物と読み替えてもOK。
前記事では、土だった池の底に、鉄筋を「コ」の字に曲げた構造体が無数に、更に規則正しく出現しております!!

しかも「製氷皿」のようにグリッドが設けられて、部分部分でコンクリートが打たれているのもわかります。

コンクリートで底を打つだけなら、わざわざこんなものを作る必要は無いですから、この鉄筋を利用した何かが更に出現するのでしょうか?

それにこの鋼管そのものの壁面も、このままなのかが気になります。いずれにせよこの先の展開が楽しみです。

調整池との歩道との間には、柵の設けられた水路で隔たれているので、故意に棒高跳びの極大ジャンプをしない限り、池に落ちる心配は無いでしょう。

そして、ブログ主のような輩を冷たい目線で監視するカメラまで設置されています。すんません別に怪しい者では無いんで…

「草加柿木フーズサイト」の雨水は最終的に「千疋幹線排水路」から「中川」へ放流されますが、そのバッファーとなるのが調整池です。

(次のページ:「草加柿木フーズサイト」東エリアの西寄りには「コンポスト」っぽい物も出現!!



翻訳 | Translate »