【大相模調節池の水位】 11/25 18:50現在 1.30m(これまでの最高水位4.27m)

  1. TOP
  2. イベント
  3. 【プレイバック】2016年7月30日の越谷花火大会を大相模調節池北池から見ようとする人たちが凄かった件 〜( 2019年は7月27日開催ですよっ)

【プレイバック】2016年7月30日の越谷花火大会を大相模調節池北池から見ようとする人たちが凄かった件 〜( 2019年は7月27日開催ですよっ)

【2019年7月27日16:50追記】越谷市公式LINEにて、本日の花火は予定通り実施するそうです。

長〜〜〜い梅雨もようやく開けようとしている2019年の7月。学校はとうに夏休みに突入していますから、これで天気が良くなれば、巷もサマーモード全開ですね。

そんなこんなで来たる2019年7月27日(土)は5000発の花火が夜空を染め上げる

「令和元年度 越谷花火大会」
令和元年(2019年)7月27日(土曜日)
オープニングセレモニー:午後7時から
打ち上げ開始:午後7時10分ごろから
※打ち上げ開始の時間は前後する場合があります
※小雨決行(荒天の場合は28日(日曜日)に延期します。市ホームページでご案内します。)

ブログ主の記憶が確かなら2018年は天候不良で事前中止だったような…。今年こそは天候に恵まれることを祈ってます。

ちょっと前置きが長くなりましたが、ブログ主がこの季節になるといつも思い出すのが、花火大会の夜の「大相模調節池」の芝生のあたりの光景です。

なにが印象的ですって?論より証拠、それでは3年前にプレイバック!!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【プレイバック】2016年7月30日の越谷花火大会を大相模調節池北池から見ようとする人たちが凄かった件

2016-07-30-20-04-16

このしょぼい写真はなんでしょうか?
実は2016年7月30日の夜に行われた、越谷花火大会をイオンレイクタウンアウトレットの湖畔から撮影したものです。なんか、ロケット打ち上げの失敗みたいな画になってすみません。

ブログ主も越谷レイクタウンから越谷花火大会をなんとかみることはできないかな〜と思って、足を運んだんですけど、いかんせん距離が遠くて、ちょろっと見える程度でした。

ところが同じことを考えていた方は大勢いらっしゃったようで…

BlogPaint

大相模調節池の北池の芝生の上でまどろみながら、花火を堪能する人の波!

BlogPaint
BlogPaint
BlogPaint
BlogPaint
BlogPaint
BlogPaint

レイク湖畔は結構街灯も整備されているので、花火をみるコンディションとしては決して良いとは言えないのですけど、「意地でもレイクタウンから花火大会をみてやるんじゃ〜!!」という気迫さえ感じられます。野外音楽フェスかと見まごう光景です。

unnamed

まさに以前の記事でご紹介した「グランド・ジャット島の日曜日の午後」の夜バージョンになってますね。

折しも来る2016年8月6日(土)は第12回草加市民納涼花火大会です。こちらは越谷レイクタウンからの直線距離は越谷花火大会よりも短いので、多少は良く見えると思います。
北池のような芝生で寝転ぶなんてことはできませんけどね。

ブログ主も鑑賞しに行く予定で〜す。

プレイバックここまで。

と言うことで、たとえ市役所の近くで上がる花火であろうとも、絶対に「越谷レイクタウン」の中から見てやるぞ!! 芝生に寝っ転がって見てやるってばよ!!!という、レイクタウンピープルの意地が伝わってきますね。

実はこの数日後の2016年8月6日には「越谷レイクタウン」の南側でも同じような光景が展開されました。

2016年8月6日の草加市民納涼大花火大会を大相模調節池南池周辺から見ようとする人たちが沢山いた件

さてさて、令和元年はどんな光景になるのでしょうか?ちょっと覗いて見たい(一緒に花火を見たい)ブログ主です。

引き続きウォッチします。



翻訳 | Translate »