【大相模調節池の水位】 10/31 18:50現在 1.57m(これまでの最高水位4.27m)

  1. TOP
  2. イベント
  3. 続【越谷市大成町】室町時代の遺跡を園庭に抱く保育所 いよいよ着工 〜 園児たちの絵に見守られて工事は進捗

続【越谷市大成町】室町時代の遺跡を園庭に抱く保育所 いよいよ着工 〜 園児たちの絵に見守られて工事は進捗

2020年1月の寒空の下行われた「東方西口遺跡(ひがしかたにしぐちいせき)」の発掘調査現地説明会から、もう9ヶ月。

『「東方西口遺跡」って何でおじゃるか?』という方はまずこちらをご覧ください

前記事では、本遺跡の場所についに着工した

フェンスの完成予想図の隣には「越谷市立大相模保育所」の子供たちの絵が掲げられる

工事現場のフェンスには、どことなく室町の香り漂う「越谷市立大相模保育所」の完成予想図が掲げられていましたが、最近はその隣に…

殺伐とした工事現場も、子供たちの絵があると「ぱっ」と華やぐから不思議ですねえ。

最近は流行りなのでしょうか↓

続×13・なんと!!イオンタウンとは線路向こう JR吉川美南駅の東口側にも素敵なものが爆誕するらしい〜「商業・業務ゾーン」事業者募集を開始

フェンスの内側は職人さんたちの世界が広がる

すでに築き上げられたコンクリートの基礎の上に、木造の骨組みが立ち上がろうとしています。職人さんたちの腕の見せ所でございます。

ここまで工事が進捗すると、ここが遺跡だったなんて全く想像つかないですね。

しかし、遺跡ということは元は人が住んでいた屋敷だったわけで、それが長い歴史の中で田んぼの底に沈んだけれども、今再び子供たちの学び舎として復活するわけです。

まさに時代を超えたロマン!!
「室町時代の遺跡を園庭に抱く保育所」!! 胸熱です!!!

建物の工事は2021年3月19日完成予定ですから、来春からの供用になると思われます。

 

引き続きウォッチしてまいります。

【越谷市大成町】室町時代の遺跡を園庭に抱く保育所 いよいよ着工

2020年1月10日「東方西口遺跡(ひがしかたにしぐちいせき)」の発掘調査現地説明会に行ってきました

【告知】2020年1月10日「東方西口遺跡」の発掘調査現地説明会開催のお知らせ



翻訳 | Translate »