【大相模調節池の水位】 02/27 04:50現在 1.39m(これまでの最高水位4.27m)

  1. TOP
  2. イベント
  3. 山崎 弘義 写真展 「CROSS ROAD」2019年11月22日より「ギャラリーヨクト」で開催 〜 会場にて写真集も特別発売!!

山崎 弘義 写真展 「CROSS ROAD」2019年11月22日より「ギャラリーヨクト」で開催 〜 会場にて写真集も特別発売!!

【2019年11月7日追記】上の画像中の会期最終日が11月30日(日)となっておりますが、正しくは11月30日(土)です。

『平成初期に東京の街路で撮影したストリートスナップをまとめた写真集を出版します。ゼンザブロニカの中判カメラにパノラマフィルムバックを装着して撮影したものです。ぜひご高覧ください。』

30年近くも昔の、雑踏のざわめきがリアリティーを以って伝わってくる力強い写真。
そこに映る、おそらく互いに無関係な人々の、各々の人生のドラマにまで思いを巡らしてしまう…。

「越谷レイクタウン」を撮り続けているあの写真家、読者のみなさまもご存知、山崎弘義氏の原点を見ることができる写真展「CROSS ROAD」が「ギャラリーヨクト」で開催されます!!

ブログ主はついぞ「写真家 山崎弘義」を知ることがなかった…と思わせる傑作の数々

「越谷レイクタウン」を淡々と捉えながらも、どこかユーモアのある写真、それがブログ主の知る山崎さんの作風でしたが、この「CROSS ROAD」からは、撮り手の心の奥底にある「ギラギラ」したものを感じますね。

5枚の写真を見ただけでも、パノラマに写り込んだ人々の姿があまりにも生々しくて、その手前で撮影している若き日の山崎さんの姿すら想像してしまいます。傑作です。

Around LAKE TOWN』を語る上では絶対に見逃せない!!と心に誓うブログ主です。

山崎弘義写真展『CROSSROAD』
2019年11月22日(金)~11月30日(土)※会期中休みなし
13:00~19:00 入場無料

【作者略歴】
山崎 弘義(やまざき ひろよし)
1956年 埼玉県生まれ。
1980年 慶応義塾大学文学部哲学科卒。
1986年 フォトセッション’86に参加し、森山大道氏に師事。
1987年 東京写真専門学校報道写真科II部卒業。
現在、日本写真芸術専門学校非常勤講師。

主な写真展に、
1990年「路上の匂い」(ミノルタフォトスペース)
1992年「はざまの表情」(オリンパスホール)
1994年「クロスロード」(コニカギャラリー)
1996年「ウォーク・オン・ザ・サニーサイド」(ドイフォトプラザ)
2014年「Outskirts」(Totem Pole Photo Gallery)
2015年「DIARY母と庭の肖像」(新宿ニコンサロン)
2016年「水と緑と太陽の町」(コニカミノルタプラザ)
2017年「KnowThyself」(TAP Gallery)
2017年「Around LAKE TOWN」(オリンパスギャラリー)
2018年「Around LAKE TOWN2」(ギャラリーヨクト)
2018年「Around LAKE TOWN3」(ギャラリーヨクト)
2019年「Around LAKE TOWN4」(ギャラリーヨクト)
2019年「Around LAKE TOWN5」(ギャラリーヨクト)
がある。

ギャラリーヨクト
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-10 ユニヴェールビル102
東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅2番出口から徒歩5分

Hiroyoshi Yamazaki Photographs

でもね、実はこの写真展に行きたいっ!!と思う理由がもう一つあるんです。それは…

(次ページ:山崎弘義写真展『CROSS ROAD』では、山崎弘義写真集『CROSS ROAD』が特別販売される!!



翻訳 | Translate »