【大相模調節池の水位】 09/21 01:50現在 1.50m(これまでの最高水位4.27m)

  1. TOP
  2. 建築中
  3. New吉川橋建設の2019年10月の進捗状況〜もう一つの橋桁も橋脚の上に移動!!「ボックスカルバート」も登場して11月18日から通行止めを伴う大規模な道路付け替え工事の予定

New吉川橋建設の2019年10月の進捗状況〜もう一つの橋桁も橋脚の上に移動!!「ボックスカルバート」も登場して11月18日から通行止めを伴う大規模な道路付け替え工事の予定

2019年9月にお伝えした吉川橋の架け替え工事では、4車線のうち北側の2車線にあたる橋桁が橋脚へと据え付けられたことをお伝えしました。

2019年10月30日、ついにもう一つの橋桁が、作業用の足場の上から橋脚へと移し換えられました!

ライブカメラは見た!! クレーン車2台で巨大な橋桁を橋脚へと移動

下の3枚は2019年10月5日の様子。写真右側の足場の上に組み上げられた鋼鉄製の橋桁を、写真中央の橋脚へと移し替えるのが今回のミッションです。

そして迎えた2019年10月30日。台風19号の記事ではお世話になった「中川」のライブカメラが移設の様子を捉えていました。時系列で工事の様子を並べると…

(以上6枚の写真の出典:江戸川河川事務所ホームページより)

前からあった「クローラークレーン」の他にもう一台のクレーン車が登場し、2台がかりで橋桁をずらすしているのがわかります。

いや〜クレーン車って本当に凄いですね。もしもクレーン車がこの世になかったら、でっかい建築物はほぼ出来ないと確信するブログ主です。

New吉川橋建設の2019年9月の進捗状況〜組み上げられた橋桁が橋脚の上に移動!!

この作業によって、吉川市側には橋桁が接続され、越谷市側にはあともうちょっとの「隙間」で橋がかかるところまで来ました。

茶色く見える橋桁が越谷市側の岸の上空に差し掛かる感じ。あとはここから越谷市側の「橋台」に橋桁が架かれば「中川」をまたぐ「New吉川橋」の骨格が完成したことになります。

ということで越谷市側の「橋台」はどうなっているかというと…

(次のページ:越谷市側の橋台のたもとには「ボックスカルバート」も出現



翻訳 | Translate »