1. TOP
  2. イベント
  3. 山崎 弘義 写真展 「Around LAKE TOWN 2」を観にギャラリーヨクトに行ってきました

山崎 弘義 写真展 「Around LAKE TOWN 2」を観にギャラリーヨクトに行ってきました

越谷在住の写真家、山崎弘義さんの写真展「Around LAKE TOWN 2」が、2018年2月10日(土)〜2月18日(日)に、四谷三丁目駅近くの「ギャラリーヨクト」にて始まりました!

山崎さんの作風である、人物(あるいは動物)と風景という構図は、今回ももちろん健在です。飾らない表情がとてもいいなあといつも思います。

24点が展示されていますけど、ブログ主が一番気に入った作品は、用水路の中の廃自転車にるりいろにカワセミが留まっている写真です。是非ご自分の目でご鑑賞あれ。越谷レイクタウンに「かわせみ橋」が在る理由がここに証明されています。

上の2枚が会場の「ギャラリーヨクト」の入り口付近です。
大通りからは1本入った路地ですので、ご注意ください。

マンションの一室を写真家仲間数名で維持しているギャラリーということで、こじんまりはしていますけど、ゆっくりと写真が鑑賞できます。

ちなみに前回の「Around LAKE TOWN」展が行われた、新宿のオリンパスギャラリーは、1年経過しないと再び借りることは出来ないそうです。

山崎弘義写真展 『Around LAKE TOWN2』

2018年2月10日(土)~2月18日(日)会期中休みなし
13:00~19:00、入場無料

<写真展内容>
越谷レイクタウン地区は東京都心から北方に約22km、埼玉県越谷市の南東部に位置する計画面積225.6ha・計画人口22,400人の新しい町である。2008年に街開きして10年になろうとしている。
中心に位置する大相模調節池の畔に立ち、あたりを見渡すと、東にはイオンレイクタウンという巨大商業モール、南方向にはマンションが連なる一帯がある。そこにわずか20年前にあった田園風景は想像すらできない。
島村慎市郎市長(1977年~1997年在任)の発案で始められたというレイクタウン事業は背景に農家の後継者不足という問題があった。当初のインテリジェントシティを作る構想はバブル崩壊などの経済状況の変化により修正を余儀なくされたが、ここまで大きなニュータウンが誕生すると思った人はおそらく少ないのではないか。ニュータウンはいずれ成熟し、老成していく。それは他地区の郊外都市の例を見るまでもない。果たしてこれから、東町・相模町・大成町(レイクタウン地区の旧町名)はどう変貌していくのか、見続けていきたい。
なお、本展示では2017年9月にオリンパスギャラリー東京(新宿)で発表したシリーズの続編を展示します。カラー写真24点を展示予定。

【作者略歴】
山崎 弘義(やまざき ひろよし)
1956年 埼玉県生まれ。
1980年 慶応義塾大学文学部哲学科卒。
1986年 フォトセッション’86に参加し、森山大道氏に師事。
1987年 東京写真専門学校報道写真科II部卒業。
現在、日本写真芸術専門学校非常勤講師。

主な写真展に、
1990年「路上の匂い」(ミノルタフォトスペース)
1992年「はざまの表情」(オリンパスホール)
1994年「クロスロード」(コニカギャラリー)
1996年「ウォーク・オン・ザ・サニーサイド」(ドイフォトプラザ)
2014年「Outskirts」(Totem Pole Photo Gallery)
2015年「DIARY母と庭の肖像」(新宿ニコンサロン)
2016年「水と緑と太陽の町」(コニカミノルタプラザ)
2017年「KnowThyself」(TAP Gallery)などがある。
2015年『DIARY母と庭の肖像』(大隅書店)を出版。

ギャラリーヨクト
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-10 ユニヴェールビル102
東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅2番出口から徒歩5分
Hiroyoshi Yamazaki Photographs

「写真集は出さないんですか?」と山崎さんに尋ねたところ「最低100枚は無いと…」というお返事。ということは、前回と今回を合わせて約70作品ですから、あと30作品で必要条件を満たしますね。

是非とも「Around LAKE TOWN 3」でコンプリートして頂きたいなあなんて、妄想、いや希望を抱くブログ主でした。

 

 



翻訳 | Translate »