【大相模調節池の水位】 09/25 02:50現在 1.28m(これまでの最高水位4.27m)

  1. TOP
  2. 地域
  3. 続・越谷レイクタウンのすぐ南側の草加柿木産業団地は「草加柿木フーズサイト」〜ボーリング調査もちゃちゃっと済ませ来るべき日を静かに待つ & あの建物の詳細も明らかに!

続・越谷レイクタウンのすぐ南側の草加柿木産業団地は「草加柿木フーズサイト」〜ボーリング調査もちゃちゃっと済ませ来るべき日を静かに待つ & あの建物の詳細も明らかに!

「越谷レイクタウン」の南、草加市は柿木町に建設予定の「産業団地」こと「草加柿木フーズサイト」

2020年の立地企業への引き渡しを控え、これから造成が始まる予定です。もう稲穂が実ることはない田んぼの中に、当ブログではおなじみの「ボーリング調査」の姿がありました。

2019年中の造成工事完成に向けての狼煙「ボーリング調査」実施

まず「ボーリング調査」って何ですか?って言う方は下の記事をご覧くださいませ。

続続続・「最後のフロンティア」の現在と越谷レイクタウン最後の大型マンション予定地の様子〜基礎工事開始だ硬い地盤を掘り当てろ!!!ボーリング調査が教える「越谷レイクタウン」の地下の様子

「ボーリング調査来りなば、本工事遠からじ」かの文豪マークトウェインはそう詠みました。(大嘘:今日はエイプリルフールなので許してね)
そう、当ブログでは「ボーリング調査」=「戦いの予感」なんです。

予定では2019年中に造成工事が完了することになっていますから、当然といえば当然のスケジュール。むしろ遅いぐらいです。

これから始まる大工事を考えると、極めてこぢんまりしたボーリングマシンが2基、30mほどの感覚で設営されておりました。

おそらく2019年の夏ぐらいにはこの光景も一変していることでしょう。せめて春のレンゲが咲く頃までこの姿が続いてくれれば、カメラに納めたいブログ主です。

それではこの「草加柿木フーズサイト」の地下の様子を妄想してみるとしましょうかね。



翻訳 | Translate »