【大相模調節池の水位】 03/05 18:50現在 1.28m(これまでの最高水位4.27m)

  1. TOP
  2. 建築中
  3. 続続・レイクタウン6丁目にメンタルクリニックができるようです

続続・レイクタウン6丁目にメンタルクリニックができるようです

BlogPaint

オープンしたばかりの「ファミリー歯科 レイクタウン」のすぐそばに建設予定のメンタルクリニック
その敷地の基礎工事が進んでいます。
 


BlogPaint

越谷レイクタウンエリアの建築物は、(戸建住宅を除き)鉄骨造・鉄筋コンクリート造がほとんどですけど、当病院は木造平屋一戸建て。なにかこだわりのようなものが伝わってきますね。

実は今、木造建築が再評価されています。

建築費も鉄筋コンクリート、鉄骨造と比較して20~30%程安く、アパート、高齢者用マンション、グループホーム、独立型クリニック等の収益性が問われる建物にも適しています。

従来は木造建築の弱点と思われてきた「耐火性」も様々な工夫で向上していると聞いています。

建築基準法では3階建ての学校について耐火建築物とすることを義務付けていますが、2000年10月施行の木材利用促進法等を受けて、一定の仕様等を満たした場合は準耐火建築物とすることが可能となるように、実際の規模の建物の火災実験により検証が行われました(国土交通省 国土技術政策総合研究所による)。
 

下の動画は、基準化を想定した仕様の有効性を把握するために2013年10月20日に岐阜県下呂市で実施した実大火災実験の様子です。

着火して10分で自然に鎮火してしまい(笑)、再度火をつけてようやく燃え始めましたが実験終了まで倒壊には至りませんでした。(詳細データ

現在はいろんな技術が進歩して、従来の常識が当てはまらなくなっていることが多々ありますね。
この木造建築もその一例といえるでしょう。

なんか話が壮大になりましたけど、結局は木造病院が早く見たいだけのブログ主でした。

引き続きウォッチして参ります。




翻訳 | Translate »