【大相模調節池の水位】 01/18 21:50現在 1.32m(これまでの最高水位4.27m)

  1. TOP
  2. イベント
  3. 【悲報】2021年の「大相模不動尊 大聖寺」の節分祭は新型コロナの影響で中止が決定…いやこれは「テイクアウト節分祭」だ!!

【悲報】2021年の「大相模不動尊 大聖寺」の節分祭は新型コロナの影響で中止が決定…いやこれは「テイクアウト節分祭」だ!!

またしても残念なお知らせです。

あろうことか、毎年恒例の「大相模不動尊大聖寺」の「節分祭」までもが、2021年の今年は新型コロナの影響で中止となってしまいました…

昨年末の初詣の「ナイヤガラ花火」の中止の告知とともに、しれっと発表されていた2021年「節分祭」の中止。

実は昨年の「節分祭」では本堂内で行われる儀式を取材させていただいたブログ主。それだけにちょっと気持ちがブルーになるのを抑えられません。

令和三年の節分祭は基本的に中止となりました。(本堂での豆まき行事、外舞台にての大福引大会、投げもの、コンサート、甘酒たる酒、お汁粉、焼鳥中止

●ただし、例年の厄除除災護摩札、福升のお申込みは受付致します。

●二月二日節分当日、住職が護摩札、福升を祈願しておきますの二月三日立春以降取りに来て頂きご自宅の方で豆まきを行って頂ければ誠に幸いに存じます。

当山主

上の写真は2020年の12月30日に撮影したもの。初詣での飲食の接待の中止を知らせる看板(右)の隣に、しれっと「節分祭」の中止の告知までされておりました。

今思えば、この中止は「緊急事態宣言」を見越した英断だったと言えるでしょう。

しかし、今回の発表の内容を読み解けば、↑こんな光景はとか

↑こ〜んな光景は見られないけど…

↑御祈祷そのものは住職様がおこなっていただいて、お札や福升(豆を入れる木製の升)は祈祷済みということなので、おうちで豆まきをしてね〜ということです。

これはまさに、テイクアウト節分祭ですね!!
来年の2月には、境内でこれまでの様に豆まきができる様に、皆様気を引き締めて、感染防止に頑張りましょう。間違っても祈祷済みお札や福升をUberEatsや出前館がお届けなんてことにならない様に。
引き続きウォッチしてまいります。


翻訳 | Translate »