1. TOP
  2. イベント
  3. 2020年の「越谷花火大会」は5月16日に開催するらしい

2020年の「越谷花火大会」は5月16日に開催するらしい

昨年は2019年7月27日(土)に約5000発の花火が夜空を染め上げた令和元年度 越谷花火大会

一昨年2018年こそ天候不順で中止になりましたけども、越谷市の夏の風物詩として7月の終わり頃に行なわれています。

ところが今年2020年はちょっと様子が違うようで、なんと5月開催との情報が流れて参りました。

東京オリンピックの影響で2020年の「越谷花火大会」は5月16日(土)実施へ

例年通りならば「越谷花火大会」は恐らく2020年7月25日(土)に行われたハズですが、その日は「東京オリンピック」開催式の次の日。競泳やサッカー、バドミントン、ソフトボール、卓球など、様々な競技が本格的に開催される日程です。

かと言って小さく前倒しできるかというと、7月8日は聖火リレーが吉川市〜越谷市間で行われるスケジュールとなっており、それも叶わないということです。

ちなみに聖火リレーは2020年7月8日(水)「吉川駅北口交差点」付近(しまむら吉川店のある辺り)から 「イオンレイクタウン mori」の「噴水広場」までの1.9kmの区間を走る予定です。
「噴水広場」ではセレモニーも行われるとのこと。

まあ、世間がオリンピック熱に浮かされている最中は、観客がそちらに奪われてしまうこと請け合いですし、警備の人員も不足になってしまいますからね。
ということで5月16日(土)の開催に落ち着いたらしいです。

まだ詳しくは申せませんが、我らが「LakeTEN(レイクタウン連絡会)」が推進する、「越谷レイクタウン」にホタルを復活させるためのイベントも5月開催を予定しております。詳細はまた後日!!

そしてそして「第3回越谷レイクタウン夏祭り」も昨年に引き続き開催いたしますよ〜っ。詳細はまた後日!!!!

各地の花火大会も日程変更・中止が相次いでおり、身近なところでは江戸川河川敷で開催されるあの「流山花火大会」も中止となりましたし、例年7月の最終土曜日に行われている「隅田川花火大会」も、2週間繰り上げの2020年7月11日(土)に開催することが決定しています。荒川河川敷の「足立の花火」も5月30日に日程変更となっています。

例年なら8月の頭に行われる「草加市民納涼大花火大会」については今のところアナウンスが無いようですが、こちらもオリンピックにモロ被りなのでどうなることやら。「越谷レイクタウン」南エリアの風物詩「GOOD LAKE JAMBOREE」にも影響ありそうで怖いです。

そうすると「越谷レイクタウン」ならではの「越谷花火大会」鑑賞法もちょっと肌寒いかな?


毎年「越谷花火大会」の夜に繰り広げられるレイクタウンピープルならではのお楽しみ「夏の夜のピクニック」(※注:「大相模調節池」の「大芝生広場」にて寝転びながら、遥か彼方の打ち上げ花火を無理やり鑑賞する、自然発生的イベント)もちょっと肌寒いかも知れませんね。

2019年7月27日の越谷花火大会を大相模調節池北池から見ようとする多すぎっ!!の件

だって、東京における5月の日最低気温の月平均値は、大体15〜16℃ぐらいですからね。長袖長ズボンに薄手のアウターってな出で立ちが必要です。虫があまりいなくて良いという側面もありますけども。

それでもきっとレイクタウンピープルは湖畔にやってくるに違いありません。

絶対にウォッチしに参ります。