【大相模調節池の水位】 11/28 23:50現在 1.70m(これまでの最高水位4.27m)

  1. TOP
  2. 交通
  3. 続×12・「東埼玉道路」越谷レイクタウン〜春日部市区間完成への道:「春日部市豊野工業団地」へと分岐する付近「春日部市豊野」あたりの様子

続×12・「東埼玉道路」越谷レイクタウン〜春日部市区間完成への道:「春日部市豊野工業団地」へと分岐する付近「春日部市豊野」あたりの様子

「越谷レイクタウン」を貫く「春日部への道」こと「東埼玉道路」の工事の進捗をお伝えする本シリーズ。

回を重ねるごとに「越谷レイクタウン」から遠く離れた場所での工事の様子をお届けしておりますが、今回は「松伏町」から並走して来た「中川」に別れを告げて「国道4号越谷春日部バイパス」へと合流する辺りの現況をお伝えします。

「東埼玉道路」って何じゃい?という方は先ずこちらをご覧ください。

「東埼玉道路」は「春日部市赤沼」のあたりで二股に分岐する

「八潮市」の「外環自動車道」に始まった「東埼玉道路」は「草加市」「越谷市」「吉川市」「松伏町」を経て、最後は「春日部市」で「国道4号越谷春日部バイパス」へと合流し「国道16号」と交わる「庄和IC」でゴールに達します。

その間17.6kmはず〜っと一本道かというと、さにあらず。「春日部市赤沼」の辺りで二股に別れちゃうんですねえ、これが。

東へと枝分かれした「東埼玉道路」の支線は、何のためにあるかというと「春日部市豊野工業団地」へのアクセスのために設置されているようです。

そのためには「中川」にも橋を架けるという力の入れようです。

支線が合流する「国道4号越谷春日部バイパス」のポイントには「越谷レイクタウン」にもある「タカラスタンダード」の春日部ショールームが建っています。

タカラスタンダードのオープンフェア開催中

 

地図上では600m程の距離の工事なんですが「中川」の小高い土手の上に建設中の橋から、一直線に田んぼを貫いている様子が、スキー場のゲレンデみたいで、とてもダイナミック!!

「東埼玉道路」の他の箇所の工事とはまた違った趣があります。

何としてでも「春日部」に活気を取り戻すゾ!!という気迫がひしひしと感じられますね。

完成の暁には、その気迫のこもった道を一番乗りで走ってみたいという気迫に満ち溢れるブログ主です!!

基礎知識「東埼玉道路」とはなんぞや

東埼玉道路(ひがしさいたまどうろ)は、埼玉県南東部地域で供用・建設中の路線である。東北自動車道・常磐自動車道の補完を目的として建設され、全区間が国道4号のバイパス道路に指定されており、現在、一部区間の一般部(5.7キロメートル〈km〉)が供用されている。本道路のメインとなるのは未着手の自動車専用部(4車線)である。
埼玉県八潮市の東京外環自動車道八潮ジャンクション(仮称)から、埼玉県春日部市で国道4号および国道16号に接続する庄和インターチェンジ(仮称)に至る延長17.6 kmの地域高規格道路であり、1994年12月16日に計画路線に指定された。

by ウィキペディア大先生

出典:国土交通省関東地方整備局北首都国道事務所ホームページ

引き続きウォッチして参ります。

(次のページ:バックナンバー「東埼玉道路」越谷レイクタウン〜春日部市区間完成への道



翻訳 | Translate »