【大相模調節池の水位】 09/19 22:50現在 1.50m(これまでの最高水位4.27m)

  1. TOP
  2. 人口
  3. 2020年2月1日の「大袋地区」丁目別人口 —>「越谷レイクタウン」と双璧をなす人口増加地域の定点観測開始

2020年2月1日の「大袋地区」丁目別人口 —>「越谷レイクタウン」と双璧をなす人口増加地域の定点観測開始

「大袋地区」2020年2月1日現在の人口

越谷市の人口の15%が住う「大袋地区」

はっと思いついて、月イチで「大袋地区」の人口動態をウォッチしていくことにしました。

「越谷レイクタウン」と双璧をなす人口増加区域であると人のウワサで聞いておりましたが、そこのところを実際の数字で追ってみようと思います。

※( )内は2020年1月1日からの増減

 丁目 世帯数
千間台西1丁目 1669(↑1) 1687(0) 1780(↓1) 3467(↓1)
千間台西2丁目 1019(0) 987(↓2) 1067(↓2) 2054(↓4)
千間台西3丁目 1541(↓3) 1624(0) 1687(↓5) 3311(↓5)
千間台西4丁目 946(↑5) 1104(↑2) 1160(↑4) 2264(↑6)
千間台西5丁目 1258(↑1) 1325(↑3) 1384(↓4) 2709(↓1)
千間台西6丁目 975(↓4) 1063(↓1) 1102(↓5) 2165(↓6)
大字三野宮 596(↑1) 763(↑2) 717(0) 1480(↑2)
大字大房 2523(↑3) 2678(↓5) 2863(↓2) 5541(↓7)
大字大林 1964(↓2) 2305(↓10) 2338(↓3) 4643(↓13)
大字大竹 660(0) 783(↓2) 800(↓3)  1583(↓5)
大字大道 1267(↑3) 1568(↑6) 1623(↑3) 3191(↑9)
大字恩間 1948(↓8) 2211(↓11) 2173(↓8) 4384(↓19)
大字恩間新田 257(↑3) 296(↑2) 323(↑2) 619(↑4)
大字袋山 6534(↓2) 6872(↑3) 7030(↑6) 13902(↑9)
合計 23157(↓2) 25266(13) 26047(18) 51313(31)

 

大袋地区は越谷市内にある13地区のひとつ。「東武スカイツリーライン」の大袋駅を中心としたエリアです。
←画像出典:越谷市ホームページ

「大袋」という地名は、なんとなくユーモラスでサンタさんとかエビスさん的なモノを想像しちゃいますね。
でも実は明治時代に「恩間」「大竹」「大道」「三ノ宮」「袋山」「大林」「大房」「恩間新田」が合併する際に作られた地名ということです。
4村に因んだ「大」と、河川が大きく「袋」の様にうねって蛇行する地形に由来しています。

2020年2月1日現在の「大袋地区」の人口は51,313人で、13地区最多を誇ります。(ちなみに2位は「蒲生地区」の43,963人)

越谷市の人口が344,544人ですから、実に総人口の15%がこのエリアに集結しているんですね。

 越谷市全体の人口 令和二年2月1日現在(対前月比) 
総人口 344,544人 +16人
171,372人 +19人
173,172人 -3人
世帯数 155,731世帯  +114世帯

 

中でも「大字袋山」はひとつの丁字としては最多の13,902人

13地区最多の人口を牽引するのは「大字袋山」。越谷市内全191の丁字としてはこれまた最多の13,902人の人口を誇ります。

それもそのハズ「大袋駅」がど真ん中にあって、北側には「順天堂越谷病院」もあるという恵まれた立地ですからね。

 

上のグラフは2015年1月から2020年2月までの「大字袋山」の人口推移です。(クリックすると拡大表示されます)

結構出入りが激しい様にも見受けられますが、グラフの山と谷の差は430人程度。全体的にはこの5年間は増加傾向で、特に昨年2019年頭初から拍車がかかっている様ですね。

加えて「大字袋山」は…

『「越谷市」80歳以上の「お年寄り」がたくさんいらっしゃる街』第1位。(928人)

2019年版「越谷レイクタウン」にお年寄りは一体何人いるのか?「越谷市」&「埼玉県」高齢者がたくさんいらっしゃる街TOP20を見よ!

「越谷市」小学生以下の子供がたくさんいる街ランキング2位(1400人)

2019年版「越谷レイクタウン」に子供たちは一体何人いるのか?「越谷市」&「埼玉県」小学生以下の子供がたくさんいる街ベスト20を見よ!!

まさに「越谷市」の「キングオブ丁字」といえる街なんです。

それじゃあ例の「西大袋地区計画」エリアはどうなってる?

それじゃあ例の越谷市肝入りの地区開発計画である「西大袋地区計画」に該当するエリアはどうなっているかというと…

西大袋地区計画
位置:越谷市大字三野宮、大字大道、大字大竹、大字恩間及び大字南荻島の各一部
面積:約124.1ha(※「越谷レイクタウン」は225.6ha)
地区計画の目標
本地区は、東武鉄道伊勢崎線大袋駅から西方約1.5キロメートルに位置し、本市の北部の中心拠点にふさわしい新たな市街地の形成を図るため、土地区画整理事業が施行されている。この基盤整備による事業効果を活かしながら、敷地や建築物等の規制、誘導並びに緑化の推進を図ることにより、個性豊かで活力と魅力に満ち、緑豊かで災害に強い安全で快適な住環境を併せ持つ、新複合拠点市街地の実現を図ることを目標とする。
出典:越谷市ホームページ

「大字三野宮」「大字大道」「大字大竹」「大字恩間」の人口の合計が10,638人。(実際はここにお隣の「荻島地区」「南荻島」のごく一部が加わりますが)

これは「越谷レイクタウン」のおおよそ半分ぐらいの人口規模ですね。(面積も約半分だし)

上のグラフは2015年1月から2020年2月までの「西大袋地区」の人口推移です。(クリックすると拡大表示されます)

2015年1月1日の人口は10,104人。2020年2月1日までの約5年間で534人ほど増えていますが、グラフを見る限り2019年5月ごろから増加傾向は頭打ちの様です。

この先どうなっていくのか、引き続きウォッチして参ります。

参考資料「越谷レイクタウン」人口推移

2020年2月1日の「越谷レイクタウン」丁目別人口 —>7丁目以外が全て伸びて人口2万人まであと168人!

2020年1月1日の「越谷レイクタウン」丁目別人口 —>6丁目が大きく減少するも全体では前月より37人増加

2019年12月1日の「越谷レイクタウン」丁目別人口 —>世帯数は減少したものの人口増加は止まらず〜2019年の人口推移もご覧あれ

2019年10月度「越谷レイクタウン」丁目別人口 —>5丁目、6丁目、9丁目の人口増加が越谷市全体の人口増の半数以上を担う!!

引き続きウォッチしてまいります。



翻訳 | Translate »