1. TOP
  2. レジャー
  3. 屋内スカイダイビングFlyStationの曲面ガラスが設置進行中&バックヤード消滅

屋内スカイダイビングFlyStationの曲面ガラスが設置進行中&バックヤード消滅

2016-12-24-08-47-46

屋上の構造物も急ピッチで仕上げ中のFlyStation。
前回はウィンドトンネルの曲面ガラスが設置開始か?という記事をお届けしましたが、いよいよその形が見えてきました。


BlogPaint

屋内には、ブルーの保護フィルムがついた状態のガラスが設置されています。

2016-12-24-08-49-31

写真右手には仮置きされているガラス、左側には円筒形に組み上げられたガラスが見えます。

2016-10-03-14-15-44

模型と比較すると分かりやすいと思います。

IMG_4167

※この辺の詳しい説明は「屋内スカイダイビングFlyStation潜入記(上編中編下編)」をご覧ください。

今回の変化はウィンドトンネルだけではありません。

2016-12-24-08-50-502016-12-24-08-53-26
2016-12-24-08-53-12

上の写真は今まで資材が置かれていたバックヤードです。
建屋とを隔てる白いフェンスが作られて、明確に別の敷地になっています。
行き来できる隙間の様なものは見当たりません。

2016-10-03-14-41-37

ちょっと前までは上の写真の様に、様々なパーツで溢れていたのが嘘の様ですね。

お隣の敷地を、資材置き場として借りていたということでしょうか。
てっきりFlyStationの「バックヤード」とばかり思ってました。

2016年もクリスマスを迎える中、年内の完成は無理そうですけど、その分来年の楽しみが増えたと思いましょう。




翻訳 | Translate »