1. TOP
  2. イベント
  3. 【告知】「吉川八坂祭り」400年の歴史の勇壮なあばれ神輿と超過密縁日〜2024年7月13・14日開催

【告知】「吉川八坂祭り」400年の歴史の勇壮なあばれ神輿と超過密縁日〜2024年7月13・14日開催

昨年2023年はコロナ禍から完全復活し4年ぶりの通常開催を果たした「吉川八坂祭り」。

神輿を頭上に持ち挙げ、高く放り上げる勇壮な関東有数の「あばれ神輿」は見事に蘇り、縁日(露天商)は、場所を一般道に移すなどスケールアップして大勢の人々を喜ばせてくれました。

昨年の超過密ぶりを今年はどう捌くかが課題の「吉川八坂祭り」

時は江戸時代(元和年間)三代将軍・徳川家光の頃にその発祥を辿る400年の歴史の中でも、おそらく最も過密だったのではないかと思われる昨年の「吉川八坂祭り」。

八坂祭りとは、吉川市の平沼地区を中心とした400年以上続く祭礼で、毎年7月中旬の土曜日と日曜日に実施されています。悪疫退散、商売繁盛、五穀豊穣等を願い、神輿を上空へ投げ上げる「暴れ神輿」が有名で、2日目の夜には各町内の神輿9基が集結し、一斉に神輿を担ぐ「競演」が行われます。
今年は4年ぶりの通常開催を目指しておりますので、詳細が決まり次第、随時お知らせします。
主催/吉川八坂祭り実行委員会 共催/よしかわ観光協会

(吉川市ホームページより引用)

特に露天商は、過密を見越して「木売落とし」沿いの一般道に会場を移したものの、予想を遥かに越える来場者が殺到し、入場制限が発動してしまいました!!

従って、ついにブログ主も夜の露天エリアには入場出来ず…夜祭の写真はございません(涙)。

※上の一枚は2022年の物です。

2024年6月9日現在、露天商の位置などはまだ公表されておりませんが、主催者としては超過密ぶりを捌くための対策を練っておられることでしょう。

令和6年度吉川八坂祭り


7月13日(土曜日)
●町会ごとの催事(自治会行事など)
●朝祭り:午前7時~午前8時
●子ども神輿:午前9時~午後4時
●山車巡行:午後4時〜午後7時


7月14日(日曜日)
●子ども神輿:午前9時30分~午後3時
●神輿巡行:午後4時30分~午後7時分
●神輿競演:午後7時30分~午後9時
いちょう通り(サラダ館いちょう通り店からしまむら吉川店)にて


露天商:発表され次第追記します


バスの運休・迂回運行
●茨城急行バスの迂回ルート(2024年7月14日のみ)

【迂回日時】2024年7月14日(日)19時00分~終日
【迂回対象路線】吉川駅北口~エローラ
【迂回運行時の休止停留所】「保第二公園」「中央病院入口」「中野尻」「野尻」「ルネサンス吉川入口」
【迂回運行時の停留所】※東武バスのバス停「さくら橋」「新道橋」「保一丁目」


交通規制:発表され次第追記します
7月13日(土曜日)
7月14日(日曜日)


問い合わせ:よしかわ観光協会 事務局(吉川市役所 商工課内)
電話048-982-9697(午前9時〜午後5時 平日のみ)

お恥ずかしいことに、昨年は地獄の猛暑で熱中症になってしまい、肝心の神輿も見れなかったブログ主。

今年はいざリベンジ!! 引き続きウォッチして参ります!!

(次のページ:芳川神社にまつわるエトセトラ