【大相模調節池の水位】 07/07 02:50現在 1.61m(これまでの最高水位4.27m)

  1. TOP
  2. 倉庫
  3. 続×9・越谷レイクタウンのすぐ南側の草加柿木産業団地は「草加柿木フーズサイト」〜 「プチ地下神殿」こと地下調整池の工事は絶賛進行中

続×9・越谷レイクタウンのすぐ南側の草加柿木産業団地は「草加柿木フーズサイト」〜 「プチ地下神殿」こと地下調整池の工事は絶賛進行中

「越谷レイクタウン」の南、草加市は柿木町に建設予定の「産業団地」こと「草加柿木フーズサイト」。

コロナ禍の中にあっても粛々と工程を積み上げてきた本工事。やはりというべきか、前記事でお伝えした「地下神殿」すなわち「地下調整池」の工事も着々と進捗しています!!

「草加柿木フーズサイト」の「プチ地下神殿」はキリンの遊び場にもちょうどいい深さだ

あのどでかい「クローラークレーン」が健在ということは「地下神殿」の「プレキャスト製コンクリートブロック」を据付けている証拠です。

当ブログの読者であり、かつ建機マニアである「yellow steel」さんのお話によれば「小川建機」さんの「クローラークレーン」と言うことです。
※ちなみに「本家・地下神殿」こと「首都圏外郭放水路」についてはこちら↓をご覧ください。

続×8・越谷レイクタウンのすぐ南側の草加柿木産業団地は「草加柿木フーズサイト」〜 建設中の調整池は「プチ地下神殿」だった

「県道102号」側の工事フェンス越しに見た「プチ地下神殿」の様子。

支柱(センターブロック)の上に蓋(頂板スラブ)をするようにコンクリートブロックが設置される、いわゆる「スタンド型」の「プレキャスト遊水池=地下調整池」であることが確認できます。

言葉ではそのスケール感がイマイチわからないので、我が家のキリンを放ってみました。

ブログ主家のキリンは大きくて体高6メートル。もちろんウソです。

(次のページ:東エリアの造成工事全体では「盛り土」は消え失せ平坦な土地で覆われる



翻訳 | Translate »