1. TOP
  2. レジャー
  3. 「越谷レイクタウン」界隈随一の桜の名所でついに開花した2020年3月19日 〜 「レイクタウン7丁目」のお花見通りをお散歩しよう!

「越谷レイクタウン」界隈随一の桜の名所でついに開花した2020年3月19日 〜 「レイクタウン7丁目」のお花見通りをお散歩しよう!

(上の写真は2019年4月4日撮影)

「越谷レイクタウン」は街開きしてからまだ12年の若い街ですから「桜の名所」というものがありません。

「イオンレイクタウン アウトレット」の平面駐車場の辺りや、「レイクタウン1丁目・9丁目」の「八条用水」(自動車が突っ込んだあそこ)沿にも若木が植えられていますが、見応えある桜に成長するまでは、少なくともあと10年はかかりそうです。

「それでも何とか「我が街」で桜をみたいんじゃい!!」と憤る貴兄に

そこは「叡明高等学校」と「八条用水」に挟まれた「車両通行止め」の道路

その場所は「レイクタウン7丁目」、私立「叡明高等学校」と「八条用水」に挟まれて南北に走る道路です。

(上の写真は2019年4月4日撮影)

ただしこの道路、自動車が通りません。一昨年の交通事故の影響で車両通行止めになっているんです。(「光陽中」「明正小」に通う皆さんはよくご存知ですよね。)

まあ、ドライバーの方には迷惑な話ですけど、そのおかげでこの歩道(約350メートルの区間)は地域の人たちのちょっとした憩いの場になっています。

親子連れがちょっと遊んだり、お年寄りの皆さんがベンチに腰掛け談笑してたりする、まさに「セーフティーゾーン」なんですね。

そして「八条用水」の対岸にある畦道には、毎年見事な桜並木が出現します。(上の写真は2018年撮影)

もちろん桜が立っているのは「川柳町」ですが「限りなくレイクタウンに近い」桜の名所と言えるでしょう。

車両通行止めとは言え、公道には違いありませんので、ブルーシートなどを広げまくっての宴はいけませんね。新型コロナで退屈しているお子さんと、つつましやかに遊んだりするんだったら、よもや、お上も目くじらは立てますまい。

「八条用水」のこっち岸から向こう岸へと、満開の桜を愛でながらグル〜っと回って約1キロメートル散して、「土地改良記念碑」のプチ公園で一休み、それがブログ主流の楽しみ方です。

越谷レイクタウンって何ですか?(土地改良記念碑)

そして本記事の取材のために、本日2020年3月19日の夕暮れ、かなり気の早いお花見(お蕾見?)と洒落込んだブログ主がそこで見つけたのは…

2020年3月19日「越谷レイクタウン」界隈で(たぶん)一番乗りの桜の開花

暮れなずむ西の空を背景に、見事な薄桃色の花をつけた、三分咲きの桜の木の姿。

何十本もある中で、この木だけがいち早く春を告げておりました!!

いや、探せば本日現在、この付近で他にも咲いている桜の木はきっとあることでしょう。でもここまで見事に、堂々と一本だけというのは天晴れです!!

今年は新型コロナウィルス禍で「元荒川桜堤 桜まつり」も中止になってしまいました。「イオンレイクタウン」のあらゆるイベントも中止に追い込まれたのはご存知の通りです。

それでも、日本製の抗ウィルス薬「アビガン」の新型コロナウィルス感染症に対する薬効が、中国で確認され、かの国の医療ガイドラインに取り入れられるなど、明るい話題も見えてきました。

【随時追記中】新型コロナウィルス感染症(COVID-19)迅速検査法・治療薬・ワクチンに関するまとめ

日本での治療の効果の発表は4月になるとのことですが、きっとこの未知の病が克服される日も遠くはないと思います。

とは言え、例年のような「お花見ド宴会」はまだちょっと控えなくちゃあなりませぬ

今年は文字通り「花を見る」春にして見るのもいいと思いません?

引き続き桜をウォッチしてまいります。

2019年5月30日未明「レイクタウン九丁目」内で「八条用水」に自動車が突っ込む事故が起こる

思川桜咲く そしてあの桜の子孫も咲く!

三春の滝桜(の子孫)に会いにアウトレットへ