【大相模調節池の水位】 07/13 17:50現在 1.50m(これまでの最高水位4.27m)

  1. TOP
  2. 建築中
  3. New吉川橋建設の2019年11月の進捗状況〜通行止めは2019年12月1日8:00までのガマン〜仮橋とピッカピカの4車線道路の接続作業が進む〜そして「吉川橋仮橋」と新道の接続部分に迫る!!

New吉川橋建設の2019年11月の進捗状況〜通行止めは2019年12月1日8:00までのガマン〜仮橋とピッカピカの4車線道路の接続作業が進む〜そして「吉川橋仮橋」と新道の接続部分に迫る!!

2019年10月31日の記事では、ついに4車線の橋桁が橋脚へと据え付けられたことをお伝えしました。

そして2019年11月25日現在、吉川橋の仮橋は2週間の通行止めに突入し、真新しいに4車線道路に付け替える作業が急ピッチで行われています。

この工事の影響で朝夕の「越谷レイクタウン」あたりは大渋滞!! でも流石に迂回する人が増えたのか、当初よりはお隣の「吉越橋」の渋滞は緩和されているようです。

通行止めは2019年12月1日の8:00に解除されます。「吉川市」から「イオンレイクタウン」へと続く広々とした道路の開通まで、今しばらくは我慢の時が続きます。

この下に「白い守護神」が埋まっているなんて9割の人は知らないですよね。

冒頭の2枚の写真は「吉川橋仮橋」に連なる越谷市側のスロープ。この地下に鎮座ましますのは「白い守護神」こと軟弱地盤工事のトレンド(?)「発泡スチロール土木工法(EPS工法)」様です!!

この先1日何万台もの車が通るであろうこの道の下がどうなっているのかは下の記事で↓

New吉川橋建設の2019年3月の進捗状況〜2020年の開通に向け橋梁工事の足場を再建&越谷側の道路工事加速–>完成予想図も公開

新しい道の中程から「イオンレイクタウン mori」を望む。

上の図の左側が「越谷レイクタウン」方面、右側が「吉川橋」(仮橋)です。ピンク色が新しいルート。グレーが付け替え前のルート。今までは「吉川橋」から「越谷レイクタウン」に向かうには、真っ直ぐだけど細い生活道路を通るか、やや広いけど遠回りする「県道52号 越谷流山線」を通るしかありませんでした。

今回の道路付け替え工事は、ご覧のようにまだ途中段階のものですが、アクセスが簡略化されることでドライバーの皆さんのストレスは、だいぶ少なくなるのではないでしょうか。

現場は車両通行止めということで、当然のことながら「吉川橋仮橋」と新道を繋ぐ部分の工事エリアには、車で近づくことはできません。

ここで威力を発揮するのが「散歩」ですよ!!(最近は自転車ですけどね)ちょいと分入って「吉川橋仮橋」と新道の接続部分に迫ってみましょう!!

(次のページ:「吉川橋仮橋」と新道の接続部分に迫る!!



翻訳 | Translate »