【大相模調節池の水位】 08/07 05:50現在 1.44m(これまでの最高水位4.27m)

  1. TOP
  2. ブログからのお知らせ
  3. 「史上最大級か!?」2019年10月12日から13日にかけて猛烈な台風19号「HAGIBIS(ハギビス)」直撃の恐れ〜「最大瞬間風速」と「大相模調節池」の水位をリアルタイムで必ずチェック!!

「史上最大級か!?」2019年10月12日から13日にかけて猛烈な台風19号「HAGIBIS(ハギビス)」直撃の恐れ〜「最大瞬間風速」と「大相模調節池」の水位をリアルタイムで必ずチェック!!

※2019年10月21日 本記事のリアルタイム情報は台風上陸前後のものに置き換えました。
イオンレイクタウン kaze moriの平面・立体駐車場が解放されています。なお車中泊は禁止。飛来物などによる車の損傷については保証できないとのことです。
元荒川・新方川・中川の水位がわかるライブカメラ画像を追記しました。
イオンレイクタウン kaze mori アウトレットは2019年10月12日は臨時休業となりました。(11日夕刻発表)

ただいまひたひたと接近している猛烈な勢力の台風19号「HAGIBIS(ハギビス)」(※フィリピンの公用語の一つタガログ語で「すばやい」という意味)は2019年10月12日から13日にかけて、関東地方を直撃する可能性が高まっています。

昨年2018年の21号に匹敵するとか、一部では未だ存在しない「カテゴリー6」だとか様々なニュースが飛び交っていますが、いずれにせよ最大級の警戒をして望む必要がありそうです。

本記事の画像およびグラフは、このブログを「リロード(再読み込み)」することで最新の情報に置きかわります。スマホ(iPhoneやアンドロイド)の方は、画面を上から下へスワイプするか、またはブラウザの再読み込みボタンをクリック。パソコン(WindowsおよびMac)の方は、ブラウザの再読み込みボタンをクリックしてください。

2019年台風19号「HAGIBIS」進路図

気象庁ホームページより

最大風速」は10分間の平均風速最大値、「最大瞬間風速」は瞬間風速最大値です。 天気予報や気象情報などで「風速○メートル」という場合、10分間の平均風速を指します。 一般的に、瞬間風速は平均風速の1.5から2倍近い値になります。
(金沢地方気象台ホームページより引用)

当ブログのメインメニューの下に、気象庁による越谷市の「最大瞬間風速」と「大相模調整池」の水位を表示しました。(下の画像はパソコンでの表示例)
※2019年10月13日 台風が過ぎ去ったので非表示にしました。

また従来通り「国土交通省 川の防災情報」より「大相模調節池」のリアルタイムの水位グラフ(以下のグラフ)はサイドバーにも表示しています。

大雨の時に「大相模調節池」がきちんと機能すれば「レイクサイドウォーク」は水没します。危険ですから近づかないようにしましょう。

2019年10月13日 「北の守護神 導水門」がある元荒川の上流 三野宮観測所の画像

2019年10月13日 「南の守護神 排水門」付近の中川の画像

国土交通省関東地方整備局 江戸川河川事務所 ホームページより

2019年10月13日 建設中の「New吉川橋」付近の画像

国土交通省関東地方整備局 江戸川河川事務所 ホームページより

2019年10月13日 新方川の「キャンベルタウン」付近 増林観測所の画像

過去の台風 vs「大相模調節池」の記事

2017年10月23日朝 台風21号直撃時の大相模調節池の状況

2015年9月の台風18号による水位を示したプレートがあった

2016年9月22日秋分の日は長雨の影響でレイクサイドウォークがプチ水没

2015年9月10日朝の大相模調節池の状況



翻訳 | Translate »