1. TOP
  2. アパート・マンション
  3. 写真家 山崎氏の「越谷レイクタウン家族写真」撮影を取材しました No.02

写真家 山崎氏の「越谷レイクタウン家族写真」撮影を取材しました No.02

写真家 山崎弘義氏といえば、越谷レイクタウンの光景を「Around LAKE TOWN」シリーズとして撮り続けておられ、当ブログでも度々個展の様子などをご紹介しています。

前記事では、その山崎氏の新たな試みである「越谷レイクタウン家族写真」の撮影現場にお邪魔して、その様子をお伝えしました。

今回はその第二弾、なんと、越谷市議会議員服部正一さんのお宅が撮影現場です!
市議会議員のお家とはいったいどのようなものなのか?ブログ主の興味はいや増します!!

山崎 弘義(やまざき ひろよし)
1956年 埼玉県生まれ。
1980年 慶応義塾大学文学部哲学科卒。
1986年 フォトセッション’86に参加し、森山大道氏に師事。
1987年 東京写真専門学校報道写真科II部卒業。
現在、日本写真芸術専門学校非常勤講師。主な写真展に、
1990年「路上の匂い」(ミノルタフォトスペース)
1992年「はざまの表情」(オリンパスホール)
1994年「クロスロード」(コニカギャラリー)
1996年「ウォーク・オン・ザ・サニーサイド」(ドイフォトプラザ)
2014年「Outskirts」(Totem Pole Photo Gallery)
2015年「DIARY母と庭の肖像」(新宿ニコンサロン)
2016年「水と緑と太陽の町」(コニカミノルタプラザ)
2017年「KnowThyself」(TAP Gallery)などがある。
2015年『DIARY母と庭の肖像』(大隅書店)を出版。


翻訳 | Translate »