1. TOP
  2. 建築中
  3. 梅の花のとなりの土地は高校になり「(仮称)レイクアスナロ幼稚園」はケーズデンキ裏に建設の計画

梅の花のとなりの土地は高校になり「(仮称)レイクアスナロ幼稚園」はケーズデンキ裏に建設の計画


2016-10-31-18-33-39

懐石料理「梅の花」の隣の土地は「(仮称)レイクアスナロ幼稚園」が計画中であるも、いろいろ折り合いがつかず前に進まない状況であったのが、前回までのお話でした。

当ブログの読者である2丁目住民さんからの情報で、2017年6月16日にレイクタウン2丁目あたりにポスティングがあり「(仮称)レイクアスナロ幼稚園」が、新たにケーズデンキ裏の土地へ建設の計画中であることがわかりました。




2016-10-31-18-33-32

(仮称)レイクアスナロ幼稚園設置準備室」のホームページの内容を要約しますと…

  • 平成31年4月の開園を目指す。
  • 設置予定地をレイクタウン9丁目とし、総面積を1.8倍に拡張する(4,236㎡)
  • レイクタウン9丁目に幼稚園を単独で設置し、レイクタウン6丁目は高校用地とする。
  • 2017年5月末に、埼玉県庁学事課と計画の変更点をふまえた事前相談を実施して、意見聴取を行った。
ということです。

新たな予定地は、ケーズデンキ裏手の土地で、現在建築中の「宮沢模型」の流通センターのすぐ隣に位置します。 


2017-06-18-10-55-46



2017-06-18-10-58-28

いや〜、予想より大変ややこしい展開になってきましたね。

平成30年4月の開園は諦めたものの、敷地面積を拡大して再度トライするとは「いい根性してる」と思っちゃいます。

ここにきてちょっと気になるのは、元々の予定地であったレイクタウン6丁目は「高校用地」とするという件です。運営母体の「学校法人 松山学園」は通信制の「松栄学園高等学校」も運営していますので、そのための施設になるということでしょうか。

 

こちらもちょっと目が離せなくなってきました。 





翻訳 | Translate »