1. TOP
  2. 工事
  3. 水道の要「東部配水場」で重要な工事が続行中

水道の要「東部配水場」で重要な工事が続行中

以前「災害で水道が止まった時に頼るべき越谷レイクタウン内の施設」としてご紹介した「東部配水場」。2017年の9月頃から始まった、この「耐震型緊急用貯水槽」を備える重要な水道施設の整備工事は鋭意続行中です。

冒頭の写真に見える配水塔も化粧直しされていました。その手前ではショベルカーが土を掘り起こしています。「貯水池」の工事でしょうか。

「プレストレストコンクリート造り」を施した「貯水池」は、コンクリートの弱点であるひび割れなどに強く、緊急遮断弁を備えることで、地震などを感知して自動的に水を遮断し、これによって大切な水道水が流出してしまうのを防いでくれます。

水道の要「東部配水場」で重要な工事の兆し

管理施設も外壁の塗装を塗り直すようですね。

今、熱を帯びている「レイクタウン5・6・7丁目」のすぐそばでは、静かに地道にもしもの備えが進行しています。本当にありがたいことです。

続・屋内スカイダイビング「フライステーション」の隣の空き地で何やら建設の予感〜じゃなくて建設開始へ

高等学校建設か?レイクタウン6丁目の工事の兆しは「レイクアスナロ幼稚園」同系列

【工事進捗その2】東埼玉道路とJR武蔵野線が交差する地点についに横断歩道新設〜縁石の段差解消

【随時追記中】越谷レイクタウンのすぐ南側の草加柿木産業団地は「草加柿木フーズサイト」

引き続きウォッチします。

 



翻訳 | Translate »