【大相模調節池の水位】 03/23 11:50現在 1.36m(これまでの最高水位4.27m)

  1. TOP
  2. 工事
  3. 水道の要「東部配水場」で重要な工事の兆し

水道の要「東部配水場」で重要な工事の兆し

BlogPaint

以前「災害で水道が止まった時に頼るべき越谷レイクタウン内の施設」としてご紹介した「東部配水場」。この「耐震型緊急用貯水槽」を備える重要な水道施設で何やら工事の予兆です。
 


2016-12-23-14-15-50
2016-12-23-15-06-49

この「東部配水場」はレイクタウン第4公園の隣にあるのですが、その境にある道路沿いに工事用のフェンスが巡らされております。

BlogPaint

フェンスの内側には植木の枝が払われているのが見て取れます。
植木の足元には、地下からのパイプ(水栓)が幾つも存在します。

BlogPaint
BlogPaint
BlogPaint

「大相模調節池南池」の辺りから見た写真。
工事事務所もできています。

これはどうやら耐震補強工事およびポンプ設備、電気設備(自家発電設備含む)の整備工事であるようです。

耐震補強について言えば、当配水場の貯水池は「プレストレストコンクリート造り(PC)緊急遮断弁付 2池」。
プレストレストコンクリート造りとは、コンクリートの弱点であるひび割れなどに強い構造のこと。
緊急遮断弁は、地震などを感知して自動的に水を遮断する仕組みで、これによって大切な水道水が流出してしまうのを防いでくれます。

普段見えないけども極めて重要な改修工事なんですね。
水道企業団の皆様、どうもありがとうございます。
そしてよろしくお願いします。




翻訳 | Translate »