【大相模調節池の水位】 09/21 19:50現在 1.50m(これまでの最高水位4.27m)

  1. TOP
  2. 建築中
  3. 梅の花のとなりの土地は「(仮称)レイクアスナロ幼稚園」

梅の花のとなりの土地は「(仮称)レイクアスナロ幼稚園」

Image 3

©イラストタンク ※イラストは記事は関係ありません。

今、越谷レイクタウンエリアで密かに盛り上がりつつあるレイクタウン6丁目。
当ブログの読者である「近隣住民です。」さんの情報により、懐石料理「梅の花」の隣の土地には
なんと幼稚園が建設の予定らしいです!


BlogPaint

その名は「(仮称)レイクアスナロ幼稚園」。
越谷市の弥十郎にある「学校法人 松山学園 アスナロ幼稚園」の姉妹校みたいですね。

そのコンセプトは

「歩いて行ける幼稚園」をつくりたい
現在、レイクタウン内の人口は増え続けており、その多くは子どもたちを育てる若いファミリー世代です。一方で、当該地域には幼稚園が1園もなく、バスでの通園や保育園などに頼っている現状があります。「幼稚園が遠いから保育園に…」「本当は幼稚園まで歩いていきたいのに…」といったお父さん・お母さん方に「歩いて行ける幼稚園」「レイクタウン地内のための幼稚園」を提案したい、その想いが新しい幼稚園を作りたい理由です。

いいじゃないですか!
ところが、なかなかすぐには開園とはいかない事情がある様で…

Q.幼稚園がすぐにできない理由どうして幼稚園はすぐにできないのか?
A.認可には時間がかかるためです。また反対している団体があるため、私たちの目指す開園は
 決してスムーズなものではありません
Q.だれが反対しているのか?
A.近隣幼稚園を含めた越谷市幼稚園協会から「定員割れの園があるから」
 「10年後が心配だから」といった理由で、設置について反対を表明されています。

なんかちょっともめてる様ですね。

この「レイクアスナロ幼稚園」は定員200名を誇る3階建の結構大きい幼稚園の様なので、近隣の既設幼稚園から見れば脅威なのかもしれませんね。(ちなみに現在建設中の「みずべこどもの家保育園」は95名)

ということで、今しばらく建設までは時間がかかりそうですが、成り行きを見守りたいと思います。




翻訳 | Translate »