【大相模調節池の水位】 09/23 23:50現在 1.40m(これまでの最高水位4.27m)

  1. TOP
  2. 建築中
  3. 越谷レイクタウン駅南口ロータリーの医療ビルの名は「レイクタウンDMビル」

越谷レイクタウン駅南口ロータリーの医療ビルの名は「レイクタウンDMビル」

BlogPaint

前回の記事では、その雄姿を完全に表した、越谷レイクタウン駅前の眼科、内科、小児科が入る医療ビルをお伝えしましたが、ついにその名前が明らかにされていました。


BlogPaint

いつオープンしても大丈夫な完成度合いです。
そしてその1階玄関前には…

2016-08-13-14-57-31

しっかりと当ビルの名前「レイクタウンDMビル」(LakeTown DM-BLDG)が刻まれています。
ところがまだ、各フロアのテナントが記載されていません。焦らし作戦でしょうか。

さて、この「レイクタウンDMビル」のDMって何なんでしょうか?
調べてみますと、一般的には医療用語でDMといえば「糖尿病(Diabetes Mellitus)」を指すことが多いそうですが、さすがに複数の病院が入るビルの名称には無理がありますね。
最近注目のワードとして「DM医療」というのがあるようです。

DM(Disease Management)とは疾病管理と訳され、既に発症してしまった人の重症化を予防するための医療活動です。適切な疾病管理を行なうことで合併症を回避することは、患者にとって身体的に好ましいだけでなく、合併症による入院や救急外来への受診減少などにより、患者の医療費負担及び国民医療費の軽減も期待されます。

こっちのほうがしっくりきますね。本当の所は管理会社に聞かないとわかりませんけど。

2016-08-13-14-57-49BlogPaint

越谷レイクタウン駅を映す、1階の窓ガラス。
落ち着いた美しい佇まいです。

ところでこのビルを企画設計した会社のHPがありました。
それによると、「(仮称)レイクタウン駅前薬局」は4月以降随時研修を開始しているとあります。
また、11月完成であるとの記載もありました。
やはり、病院だからでしょうか、結構時間がかかるんですね。




翻訳 | Translate »