【大相模調節池の水位】 11/24 09:50現在 1.33m(これまでの最高水位4.27m)

  1. TOP
  2. 交通
  3. 続×10・「東埼玉道路」越谷レイクタウン〜春日部市区間完成への道:【春日部市赤崎あたり】緑の穂波の只中に工事用道路が出現

続×10・「東埼玉道路」越谷レイクタウン〜春日部市区間完成への道:【春日部市赤崎あたり】緑の穂波の只中に工事用道路が出現

「越谷レイクタウン」を貫く「春日部への道」こと「東埼玉道路」の工事の進捗をお伝えする本シリーズは、その起点となる「八潮市」から「草加市」「越谷市」「吉川市」「松伏町」とレポートを続けて参りました。

なにせ全長17.6kmですからね、1回の取材でヘトヘトになるブログ主ですが、高規格道路がどのように作られていくのかを記録に残せるのはとても有意義なこと。

しかもその工事がゴールへと伸びていく様が活力を与えてくれます!!(ドMですね…)

そして2020年8月、「春日部への道」のゴール地点である「春日部市」でついにその工事の布石を確認することができました!!

「東埼玉道路」って何じゃい?という方は先ずこちらをご覧ください。

春日部市の水田を貫いて「東埼玉道路」の工事が始まった。

今回お伝えするのは「松伏町」と「春日部市」の境界あたり。下の全体図の赤丸で囲まれたあたりの様子です。

前記事でお伝えした「松伏町」北部の盛り土を過ぎて、それまで「中川」の右岸を走っていた「東埼玉道路」は左岸へとジャンプし「春日部市」の田園地帯を抜けて「4号バイパス」へと到る予定です。

「春日部市」にも何らかの動きはあるんだろうなあという予感に誘われて、緑の穂波を走ってみるとビンゴ!! やっぱりありましたよ、奥さん!!!

ここは「春日部市赤崎」の「中川」左岸の土手の上。遠くに見える「春日部市環境センター」へと伸びるのは、オレンジ色のネットで仕切られた「東埼玉道路」の予定地です。

確保されていた建設用地についに重機が入り、先ずは建設用の道路が築かれようとしているところです。

 

「春日部市」と接する「松伏町大字魚沼」の様子。近い将来にここにも例の盛り土が登場するんでしょうね。

(次のページ:「松伏・田島地区産業団地」暗渠の排水溝が整備中



翻訳 | Translate »