【大相模調節池の水位】 09/21 21:50現在 1.51m(これまでの最高水位4.27m)

  1. TOP
  2. イベント
  3. 2020年の七夕を前にブログ主邸に灯ったまばゆい「ホタル」のともしび

2020年の七夕を前にブログ主邸に灯ったまばゆい「ホタル」のともしび

(※写真はイメージです)

もういくつ寝ると七夕(たなばた)ですねえ。読者の皆さんはソワソワしておられますか?

ブログ主はソワソワしておりません(涙)。だっていつもの年ならば「レイクタウン湖畔の森公園」で行われる「ホタルイベント」の準備に気もそぞろでしたからね。

今年2020年は、ご存知通り新型コロナの影響で「ホタル講習会」「ホタル観賞会」ともに、あえなく中止となってしまいました。

しかしどんなに人間界がてんやわんやになろうとも、ホタルたちは命のバトンを渡すために、おそらく何万年と変わらぬ営みを続けているのです。

2020年5月17日「レイクタウンのホタルマスター」から授かったホタルの幼虫8人の侍

「越谷レイクタウン」のホタルたちのお世話をしているのが、我が「レイクタウン連絡会(LakeTEN)が誇る「ホタルマスター」こと池田さん。

あの「こしがやエモいマップ」でメジャーデビュー(?)を果たし、今年は「越谷レイクタウン」のホタルを一躍広めようと意気込んでおられたその矢先に、このコロナ…。

【超悲報】2020年6月13日「ホタル鑑賞会」は新型コロナ感染症の影響で中止となりました。

しかし、こんな疫病ごときで「ホタルマスター」の「ホタル道」への情熱は衰えることはありません!

あの「花田苑」の「ホタル鑑賞の夕べ」を運営している「越谷のホタルを育てる会」さんの薫陶を得ながら、晴れ舞台がなくなってしまったホタルたちを交配して、来年へとつなげる試みをされています。

ブログ主が「ホタルマスター」から授かったのは8人のボーイズ。つまり野郎どもです。羽化して、輝いて1週間の命を散らす漢(おとこ)たち…。胸熱じゃあありませんか!貴兄。

「越谷レイクタウン」にホタルを〜「ホタル放流大作戦2019」第二弾「ホタル幼虫の放流」の様子 and ブログ主邸のホタルキッズの上陸結果発表!!

「ホタルマスター」のお話によれば約3週間で羽化するとのこと。と、いうことは…6月の第1週目には、あのまばゆい光が拝めるということですな!!

小さな羽化セットを胸に抱き、その日を心待ちにしたブログ主でした。

(次のページ:あきらめかけた2020年6月30日ついに灯ったホタルのともしび



翻訳 | Translate »