1. TOP
  2. イベント
  3. 【プレイバック】【感激リターンズ】2019年5月11日 「越谷レイクタウンのウナギ」に再会~~「川柳生き物調査」は昨年以上の超賑わいだった件

【プレイバック】【感激リターンズ】2019年5月11日 「越谷レイクタウンのウナギ」に再会~~「川柳生き物調査」は昨年以上の超賑わいだった件

平和な日々を懐かしく振り返る「プレイバック」第36弾。

「ちょうど1年前にこの池を通った時〜♪」(by魚舞竜)なんてセンチなバラードが聞こえて来そうなほど美しく輝く皐月の「大相模調節池」。

水も緑も太陽も、いつもの春そのままで、いつもと違うのは人の姿の少なさだけです。(ジョギングのひとはむしろ増えているかも)

ブログ主の春の恒例行事は「越谷レイクタウンのウナギ」に会うことでしたが、それも今年はお預けです。

ということで、また来年丸々と太ったウナギさんに会えることを夢見ながら、それでは1年前にプレイバック。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

いや〜凄かったですねえ!!
何が凄かったって、この盛況ぶりですよ。

昨年2018年5月20日「越谷レイクタウンのウナギ」と初対面した「川柳生き物調査」は昨年の2倍…いや、ヘタしたら3倍の親子連れでごった返す、物凄い賑わいを見せておりました!!

朝10:00の開始に先立ち仕掛け網を引き上げる。生き物よりも取材の多さにまずビックリ!!

ブログ主が現着したのは9:50ぐらい。惜しくも仕掛け網は既に引き上げられておりました。その場に立ち会えなかった残念さよりも、ビックリしたのはメディア各社の取材する姿と、来客の多さです。

昨年は全く見かけなかった「テレビ埼玉」「読売新聞」に、お馴染みの「越谷市」の広報さんも加わって、この生き物調査の超人気ぶりを伺わせます。(最近、取材先でよく見かける「J:COM」さんの姿はありませんでしたけどね)

来たのはメディアだけではありません。衆議院議員の黄川田仁志さん(越谷レイクタウン在住)、埼玉県議会議員の浅井明さん、辻こうじさん、越谷市議会議員の浅古たかしさんらも駆けつけて挨拶を述べておられました。

取材陣の多さに一層気合いが入ります!!

今年も登場!! 伝統的なウナギ漁に用いられる「石倉カゴ」。このカゴに文字通り石を敷き詰めて沈めると、居心地が良いのかウナギが入ってくると言う代物です。

どんな小さな命も見逃さないこの徹底ぶりが、水辺の生き物への愛情を表していますね。

(次のページ:人間達の熱狂はさて置いて、メインの水辺の住人達のご紹介です。



翻訳 | Translate »