【大相模調節池の水位】 07/10 05:50現在 1.65m(これまでの最高水位4.27m)

  1. TOP
  2. イベント
  3. 【告知】「第24回リユースまつり(環境と情報のつどい)」2019年11月17日(日)に開催

【告知】「第24回リユースまつり(環境と情報のつどい)」2019年11月17日(日)に開催

リユースってなんじゃ?という方のためにおさらい

「越谷レイクタウン」にお住いの方なら、その名を知らなくとも北の方角をなんとなく眺めれば、いやでも目に飛び込んでくる、あの頭抜けて高い煙突がある場所、それが「リユース」(第一工場ごみ処理施設)です。

ブログ主がくどくど説明するよりも、こちらのページをご覧いただくと、その仕組みがよくわかります!

2018年元旦 地上80mのリユース展望台から越谷レイクタウンを一望してみました

「リユース」の正式名称は「東埼玉資源環境組合」といい、埼玉県東南部地区の5市1町(越谷市、草加市、八潮市、三郷市、吉川市、松伏町)で組織される一部事務組合で、管内の一般廃棄物(可燃ごみ・し尿)を処理しています。

まあ、非常に大雑把に言えば、この「リユース」がなかったら、越谷市はおろか近隣の市町はもうとんでもないことになってしまうという、重要な施設です。どのように「とんでもないか」については、皆様お分かりですよね?)

わが町のごみはどのような努力と工夫によって処理されているのか?日常生活の中では意識することもあまりないですよね。この「リユースまつり」はちびっこでも楽しめるイベント満載ですから、レジャーとして楽しみながら、施設を見学したり、情報に目を通したりできる稀有な機会です。

動物愛護フェスティバルとともに、ぜひ一度は足を運んで見てはいかがでしょうか?ブログ主は運ぶ予定です。

 



翻訳 | Translate »