1. TOP
  2. 建築中
  3. 【悲報】吉川美南駅前の「イオンタウン」の温泉施設は立ち消えしてしまうのか?

【悲報】吉川美南駅前の「イオンタウン」の温泉施設は立ち消えしてしまうのか?

そのいく末を暗示するように、ぽつねんと、ひとり寂しげに佇む温泉の源泉…

当ブログの読者である「吉川work」さんからコメント欄にちょっと残念な情報が寄せられました。

それは吉川美南駅西口で開発中のイオンタウンの第3期工事の目玉(とブログ主が楽しみにしていた)温泉施設の計画が中止となり、かわりにマンションが建つらしいとの内容でした。

続・吉川美南駅前の「(仮称)イオンタウン吉川美南」の温泉掘削みたいな現場からお湯は湧き出たのか?

この情報の真偽についてを判断する材料がブログ主にはありませんが、温泉施設建設に関するマイナス材料が背景に存在することは伺えます。火のないところに煙は立たぬとPepperくんも言ってましたし。(ウソ)

古くは越谷レイクタウンにも温浴施設の計画が存在しました。現在のアウトレットの敷地に出来るはずだったのですが、結局は実現しませんでした。

風呂だけに「水(お湯)」に流れやすいんでしょうかね、この類のプランは…

そしてもうひとつの無くなるものがあります。それは上の写真の道路です。

こちらは当ブログの読者「美南住人」さんから教えて頂きました。敷地を一体開発する為に、18街区と19街区を隔てる道路を廃止したいイオンの思惑によるものです。

確かに道路ひとつでも建築の自由度はだいぶ変わりますし、交通誘導員だって配置しなきゃならないですからね。顧客の導線をスムーズに確保するには、イオンレイクタウンではおなじみの「上空通路」を作る必要だって出てくるかも知れません。

続×6・イオンレイクタウンmori増床の布石「上空通路」建設へ〜しれっと建築パース図が貼られていた件

そう考えると本格的に建設が始まる前の道路廃止は良い判断なのだと思います。

無くなるものがあれば出来るものもあります。

吉川美南駅西口には駅前ロータリーが存在しますが、広場を挟んで反対側(新三郷駅方面)のイオンタウンエリア内に、もうひとつのロータリーが出来るようです。(上の一枚の辺り)

これも車でやって来る吉川美南駅利用客とイオンタウン利用客が、駅前の一箇所に集中しない為には必要な施設だと思います。

変遷する計画をよそに、植樹された樹々は着実に根を張っているようです。

引き続きウォッチして参ります。