BlogPaint

前週までの天候不順が嘘のように晴れ渡った2017年9月3日。
9月20日のオープンを控えた「イオン吉川美南店」の「イオンふるさとの森づくり 植樹祭」の様子を見に行ってきました。
 
BlogPaint

9:00頃の様子。吉川市の副市長さんなどが挨拶をしてました。

BlogPaint

前回の記事で紹介したケーズデンキ側の角地も植樹しやすいように慣らされています。

BlogPaint

9:10頃の様子。本日植える木の種類や植え方のレクチャーです。
吉川市の木である木犀(キンモクセイ)、吉川市の花であるサツキとツツジを始め42種類の木々が用意されていました。
ここでは6,000本と言う説明がありましたが、スタッフの人に聞くと3,000本と言ってましたし、実際のところはよくわかりませんでした。まあとにかく沢山植えるという意気込みは伝わってきました。

BlogPaint
BlogPaint

全体説明が終わり、グループごとに植樹ポイントへ引率される600名の参加者の皆さん。

BlogPaint
BlogPaint

植樹ポイントでも、リーダーの人から植え方の方法・手順について説明がありました。

BlogPaint
BlogPaint

写真では見づらいですが、赤ラインと道路との間に植える木と、その他のエリアでは種類分けがされていました。

BlogPaint

「第二大場川」に面するあたりの様子。
ケーズデンキ側も含めて「イオン吉川美南店」全周に植樹が施されています。

BlogPaint
BlogPaint
BlogPaint

上の3枚は植樹祭が終了した後、11:40頃の様子です。
若木の保護、雑草よけの藁が敷き詰められて、なんとも牧歌的で微笑ましい感じですね。
あと10年もすると「イオンレイクタウン」の様に、種類によっては3mを超えるような木も見られる様に成長するんですね。

植樹者の名前が記されたプレートなどもあり、これは参加者の皆さんには本当にいい思い出になったことでしょう。

当ブログの読者であるいちかわさんの情報では、第3期工事(温泉含む?)は、結構大きな範囲になるそうです。
ところで2期と3期も竣工したら、また植樹祭やるんですかね?
 






藁のハンドル (中公文庫―BIBLIO20世紀)
ヘンリー・フォード
中央公論新社
2002-03-01